ひろしまハウスは、カンボジアの貧困家庭児童へ無償で教育・給食の支援を行っています。

日本のお友だち

昨年に引き続き、日本人のお友だちが遊びに来てくれました。

 

前回に引き続き、お互いに自己紹介を・・・

日本人のお友だちはクメール語で、ひろしまハウスの子どもたちは日本語で。

お互いに練習した言葉を堂々と、ちょっぴり恥ずかしく、みんなの前で言えました。

お互いの名前がわかった後で、グループゲームをしました。

7人、6人、5人・・・ルールはどのグループにも日本人とカンボジア人が必ずいること!

男の子も女の子も交じって、グループ作りに必死です。

 

7つのグループにわかれた後は、ひろしまハウス内オリエンテーリング。

入口、教室、食堂、図書室、いろいろなところに問題がはられています。

国旗を書いてみよう! 階段は何段ありますか? 数字を日本語とクメール語で言ってみよう!

10問の問題を探して、それぞれ先生にチェックしてもらい、答えた後で点数を書いてもらいました。

言葉が通じなくても、お互いに協力し合いながら、全員がクリアできました。

 

 

風船やフリスビーで遊んだあとは、仲よくなったお友だちの席も準備して一緒にランチ。

ランチの後も、しばらく一緒に遊びました。

お別れの時、荷物を帰りのバスに運んであげたり、「また遊びたい・・・」とつぶやきながら、ハイタッチでお別れです。

ありがとうございました。楽しかった!さようなら、また来てね!!

カンボジアの最新記事8件

>お気軽にお問合せください。

お気軽にお問合せください。

「ひろしまハウス」の活動は、皆様の温かいご寄付と継続的にご支援いただいている会員の皆様の会費で運営されています。皆様のご支援お待ちしております。 ボランティア、インターンスタッフも随時募集しております。お気軽にお問合せください。

CTR IMG